スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶつぶ雑穀入り緑豆ご飯で具沢山ちらし寿司のお弁当と本日の朝食。

7月8日お弁当02


本日の家人&私弁当です♪

20130708_02.jpg

・緑豆ご飯でちらし寿司
(皮剥き緑豆、人参、椎茸、油揚げ、切り昆布、ひじき、雑穀数種類、茗荷、レンコン、こんにゃくetc)
・錦糸卵、枝豆、紅ショウガ
・焼きちくわ
・人参のうめおかか蜂蜜煮
・チンゲンサイ葉の胡麻炒め
・緑茶

人参は乱切りにしたものをひたひたのだしと蜂蜜を合わせて煮て、出し殻の鰹と叩いた梅肉を加えて仕上げたほんのり甘酸っぱいおかずです。
時間の無い時はせん切りにした人参で同じものを作っています^-^

今日はひじきのご飯が食べたかったのですが、気付いたら緑豆やら何やらと加えた具沢山なご飯に。
これ実は味を付けていません。

20130708_03(ご飯)


味を付けていたらそのまま炊きこみご飯で食べられるのですが、朝食用とお弁当用の2通りに使いたかったと言う事もあって、味無しにしました。

【本日の雑穀ご飯】
白米:1合
発芽胚芽米、ひきわりはと麦、ビタバァレー:合わせて0.5合
10穀ミックス(香る10穀):大さじ1
皮剥き緑豆:大さじ2
芽ひじき(乾燥):大さじ1
切り昆布(乾燥):大さじ1
乾し椎茸(戻してだしで煮たもの):大さじ2
人参、油揚げ(3cm分)、白胡麻

本日のご飯は出来上がり量は2合近いのですが、米と穀物は1.5合分ぐらいです。
緑豆ご飯と言うと緑豆を前日から水に浸けて別茹でして…となるのですが、皮むきタイプを使えば米と一緒に吸水して炊飯する事が出来ます。


私が使っているのはこちらのもの。
黄色い方が皮剥き緑豆です。 緑のものはグリンピースの乾燥タイプで彩りに使う事が多いです^-^

皮むき緑豆01

緑豆と言えば夏の薬膳での代表食材なんです。
体の熱を取ってくれて、体内水分をコントロールしてくれる食材として用いられます。
より高い効能は皮にあるので、より高い効果を得たい場合は皮付きを使います^-^


そんな緑豆の入ったご飯はこんな感じで仕上がりました。

20130708_04(ご飯)

朝食用のご飯はこのままで。

20130708_05(ご飯)

お弁当用には、茗荷酢と茗荷を加え、レンコンやこんにゃくなども加えたちらし寿司にしています。

20130708_05(ちらし寿司)

錦糸卵を乗せて、えだまめを散らしたら出来上がり♪

20130708_06(ちらし寿司)

豆豆しいちらし寿司になりました^^;

そして今朝の朝食はこんな感じで。

20130708_05(朝食)

久しぶりにバナナを買って来たので、バナナもセットしました♪

梅雨も明けた本日、暑いですがとても良いお天気だったので私のお昼はベランダで、水出しの緑茶と共に。

20130708_07(ちらし寿司)


あっと言う間に土日も過ぎ、1週間の始まり。
今週も元気に過ごせます様に^-^





ランキングに参加しています。
日々の励みになりますので、ポチっとクリック応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
    にほんブログ村

テーマ : お弁当 - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。