スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さぬき米」の玄米弁当アップルシナモンヨーグルト付きの朝食。

本日の家人&私弁当です♪

20130524_02.jpg

・雑穀入り玄米ご飯、黒ごま
・柴漬け、大葉
・焼き鮭(塩麹漬け)
・万願寺シシトウと人参のおかか炒め
・三つ葉と塩昆布入り出汁巻き卵
・ちくわの甘辛醤油炒め
・緑茶(冷茶)

今週は炒飯やアジアンっぽいものがお弁当で続いたので、こういうお弁当がとっても久しぶりな感じです。
冷蔵庫を見ると、ハーブやエスニック系の材料が色々と入っているので、思わず「今日はレッドカレーにでも…」なんて事が頭をよぎりましたが、塩麹漬けにしていた鮭の事を思い出し、本日はいつものお弁当スタイルになりました。

今日のお米は、10種類食べ比べセットの中から香川で作られた「さぬき米」です。
品種は「ヒノヒカリ」です。

20130524_03(ヒノヒカリ)

ヒノヒカリはコシヒカリと黄金晴の交配で生まれた品種で、名前の由来は、西日本(九州)を現す「日」(太陽)と、その飯米が光り輝くさまからなのだそうです。
九州を中心に、四国、中国地方で作られているそうです。
わが家でも何度も食べている品種なのですが、島根や鳥取のものを良く食べていたので香川産のはお初です。
味や香り、食感などバランスが良く、普段使いしやすいお米かなと思います。

【本日の雑穀ご飯(1.5合)】
玄米(さぬき米:ヒノヒカリ):90%
ひき割りはと麦:10%
「すずや」さんの「香る雑穀ミックス」(10穀):大さじ1

玄米は「びっくり炊き」と言う方法で炊いており、これは吸水時間不要の炊き方で、東北地方に古くから伝わる炊き方なんです。
炊きあがりがふっくら柔らかに炊けて、かつ、普通に炊くよりカサが増えると言うなんともお得な炊き方。

20130524_04(ヒノヒカリ)

炊飯器の玄米モードや圧力鍋で炊いた時に比べると、若干色も白く仕上がるのも特徴です。
この炊き方を覚えてからは、圧力鍋を使う事が無くなったのですが、私的には圧力鍋で炊いた時よりも美味しくて気に入っています。
この炊き方になって何年経ったかな…と言うほど長らくお世話になっている炊き方です♪

炊き方はメインブログで紹介していますので、良かったらご覧下さいませ^-^

吸水時間不要の玄米のびっくり炊き

そして本日の朝食です。

20130524_06(朝食)

・雑穀入り玄米ご飯
・じゃがいもと新たまねぎのお味噌汁(地のり入り)
・おかずセット(納豆、焼き鮭、モロッコインゲンの塩炒め)、柴漬け
・シナモンアップルヨーグルト

20130524_05(朝食)

リンゴを買っていたので、ヨーグルトに混ぜ込もうと思ったのですが、酸味が強すぎてハズレっぽいのリンゴでした。
どうしようかなぁと思ったのですが、先日見ていた某テレビ番組内で、豆腐とあおさのお味噌汁を作っていたゲストの方が、りんごをレンジで温めて食べると紹介していたので、思い出してやってみました。
シナモンとてんさい糖をちょっとまぶしてレンジでチンしたものをヨーグルトにトッピングしました。
おかげで、ハズレのりんごも見事復活致しました^-^
加熱って素晴らしい!

今週のお弁当も今日で終了♪
土日はおうちランチを楽しみつつ、また月曜日からお弁当の始まり。

明日と明後日は、お昼に何を食べようかなぁ…と今からちょっとワクワクしています^-^
それでは良い週末を!





ランキングに参加しています。
日々の励みになりますので、ポチっとクリック応援お願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
    にほんブログ村

テーマ : お弁当 - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。