スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残った福豆で炒り豆玄米ご飯のお弁当。

20130226_02.jpg

・炒り豆入り雑穀玄米ご飯(炒り豆、雑穀、玄米、切り昆布)
・大根の炒り糠漬け
・醤油麹漬け豚肉の生姜焼き(豚肉、生姜、新玉葱、醤油麹、酒、みりん)
・ほうれん草の卵巻き
・カボチャのレンジ蒸し
・ブロッコリーのお浸し
・黒豆茶

豚の生姜焼きは、ビニール袋に豚肉、醤油麹、生姜のせん切り、酒を入れて揉み込んでおいたものを焼いています。
焼く時に玉葱のスライスも一緒に入れています♪

20130226_03.jpg

【本日の雑穀ご飯(1.5合】
玄米:90%
雑穀ミックス(9穀):10%
炒り豆:1/2カップ
切り昆布:ひとつまみ
塩:少々

節分の時の福豆はいつも炒り豆ご飯にしています。
ご飯を炊く時に福豆を一緒に入れて炊くだけなのですが、香ばしい香りが癖になります♪
Cpicon 節分のお豆で炒り豆ご飯。 by ゆりぽむ

子供の頃から食べている馴染みのあるご飯なんですが、そういえば玄米でこれをやった事がないなぁと思って、本日は玄米でやってみました。
玄米の方が過熱時間が長い事もあって、仕上がりのお豆さんは結構柔らかくなりました。

20130226_05.jpg

炒り豆は前夜から別途水に漬けておいてから使っているのですが、この加熱時間なら水に漬けなくてもいいのかなぁ?うーん??
お豆さんの硬さは好みがあるので、柔らかめの仕上がりが良いときはこれもアリかな。
もう少し吸水とか時間のパターンでの変化を見ておきたいなと思います。

20130226_04.jpg

後、切り昆布を最近炊飯時に入れる事が多いので、つい今回も入れたのですが…・
この炒り豆ご飯の時は昆布の風味が無い方がシンプルに炒り豆の風味が楽しめるかな。
これも好みですね。

20130226_06.jpg

炒り豆、まだ半分残っているのでもう1度玄米で炊いてみたいと思います♪

先日、かねてから行ってみたかった雑穀のお店「やま元」さんに行った際、お店の方と、鍋炊きで炊飯をしていると、本当にちょっとした加減で炊きあがりが違ってくると言う話などをしていました。
使う鍋の種類、ガス火の具合、その日の気温や水温、吸水時間…。
ここに分搗きにしたお米やら雑穀やらと都度変化のあるものを使うので、まさに毎日が「今日はどうかな」のワクワクドキドキである事など、とても楽しく話に花が咲きました。

やま元01

雑穀専門店「やま元」さんは、通販サイトもありますが、大阪玉造に店舗も構えておられます。
雑穀の量り売りをして頂けるので、好みのものを少しずつ買えるのでちょっと嬉しいです♪

雑穀屋「やま元」
URL:http://www.zakkokuya.co.jp/
TEL:06-7894-3259
住所:〒543-0014 大阪府大阪市天王寺区玉造元町2-16-1F












日々の励みになりますので、良かったらポチっとクリック応援お願いしますm(_ _)m
br_decobanner_20110306121050.gif

こちらもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村

テーマ : お弁当 - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。