スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆炒り玄米ご飯のお弁当と明目茶。

20130117_02.jpg

・小豆入り玄米ご飯
・晩菊漬け、黒ごま
・焼き鮭(醤油麹入り味噌漬け)
・ほうれん草と人参の胡麻和え
・ひじきと切り昆布の煮物(ひじき、切り昆布、人参、油揚げ)
・焼き山芋のゆかりがけ
・明太子と三つ葉入りの出汁巻き卵
・薬膳茶

わが家でほうれん草を使う時、サラダほうれん草を好んで使っています。
サラダ以外でも、アクが無いのでお味噌汁やお鍋にもそのまま入れて使えますし、何よりもお弁当用の少量で作る胡麻和えやお浸しにとっても重宝しているんです。

食べやすい大きさに切ったサラダほうれん草を

20130117_07.jpg

油を入れていないフライパンで軽く炒めて水分を飛ばし、出汁醤油や胡麻を加えて和えたら出来上がり。

20130117_08.jpg

下茹での必要が無いので便利便利♪
ほうれん草入りの炒飯や混ぜご飯なども、ざくざく切ってそのまま入れています。
火の通りが早いので加熱のし過ぎには注意が必要ですが、本当に楽ですよ~!お勧めです^-^

【本日の薬膳茶:明目茶】

20130117_04.jpg

・ウーロン茶
・クコの実
・菊花

目を使う仕事なので、疲れ目対策で目にも良いと言われる「クコ」「菊花」を入れてみました。
クコと菊花だけだとちょっと飲みにくいかなと思ってウーロン茶をベースにしているのですが、アレンジも出来そうなので、組み合わせを色々と考えてみたいと思います^-^

【本日の雑穀ご飯】
玄米(つや姫):90%
古代米ミックス:5%
雑穀ミックス:5%
小豆(乾燥):大さじ2

20130117_05.jpg

玄米は「玄米のびっくり炊き」と言う方法を使っています。
この方法を使うと、玄米を前夜から吸水させておく事もなく、吸水時間不要で炊く事が出来ます。
発芽米などを使って炊く雑穀ご飯は、発芽させるための時間も必要なので吸水時間がこの時期ですと1時間ぐらいかかるので、寝坊した時は玄米ご飯を炊く事が多いです。

びっくり炊きについてはこちらをご覧下さい。
吸水時間不要の玄米のびっくり炊き

普段、私のお昼ご飯は、小さめの器にご飯を入れてお弁当の残りをちょっと添えている状態なのですが、せっかくお弁当箱2段あるし、しかもそのうちの1段は使っていないし…と言う事で、私のもお弁当箱に入れる事に。
おかずを多めに作った時はこうやって入れようかなと思います^-^





日々の励みになりますので、良かったらポチっとクリック応援お願いしますm(_ _)m
br_decobanner_20110306121050.gif

こちらもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ
にほんブログ村

テーマ : お弁当 - ジャンル : グルメ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。